読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見せれいにあすノート

My miscellaneous notes

株だけで生活できる?

株式投資で生活する

私が株をやり始めたのはサラリーマン時代だった。

上司の勧めで株式投資をやり始めた。

当時はまだオンライン取引なんてものはなく、

証券会社に行っての対面取引でした。

野村証券山一証券の店頭の株価ボード前には

定年退職後のような老人が数多くいたのを覚えています。

まだまだ知識もなく、

株価も新聞でチェックする程度でした。

売買もせずに持ちっぱなしの状態でした。

 

f:id:furimoon:20170118182518j:plain

 

インターネットで株取引

私が本格的に株取引を始めたのはオンライン取引ができるようになった頃でした。

当時まだ新しいDLJディレクト証券(現・楽天証券)で口座を開設して

初めてインターネットで株を買いました。

その頃はライブドアなどの新興株バブルや株式分割バブルなどもあり、

あれよあれよで資金は増えていきました。

 

仕事中でもパソコンで取引していた。

その頃はパソコンを使える上司もいなかったので

私が何をしているのか分からず、ばれることもありませんでした。

 

その後、ライブドアショックリーマンショック

アベノミクスなど経て、現在も株で生活できています。

かつてはデイトレ(一日で決済する)だけでした。

デイトレだったからこそ数多くの「ショック」を耐えれたのですが、

デイトレはパソコンとにらめっこ状態になるので正直しんどいです。

 

最近はテクニカル、ファンダ、板、などを総合的にミックスして

銘柄を選ぶようにしています。

 

日本株はこれからも上昇傾向であると思います。

いわゆるトランプノミクスや東京オリンピックなどで

日経平均株価はバブル時代の4万円あたりも狙えるかもしれません。

 

株は誰でも買えるし、やめるもの自由です。

しかし、しっかりとした備えがないと大やけどします。

日本のゴルフ界での一億円プレーヤーは数名しかいません。

プロ野球やプロサッカー選手でも数十名から数百人程度でしょう。

しかし株の世界では一億円プレーヤーは約2万人いるといわれています。

どちらの世界で夢の一億円プレーヤーを目指すのが簡単かは言わずもがなでしょう。

 

株取引は勉強が第一です。

私もあらゆる書籍やセミナーで勉強しています。

そこで、これから株を始めようかと考えている方に

良書を紹介します。

 

会社四季報 2017年 1集新春号 [雑誌]

会社四季報 2017年 1集新春号 [雑誌]

まずは四季報

これは株取引する人の必需品です。

辞書や図鑑のように何度も見るものです。

 

 

低位株待ち伏せ投資――10万円から始める毎年5割高ねらいの株式投資法!

 低位株待ち伏せ投資――10万円から始める毎年5割高ねらいの株式投資法!

これは割と新しい本です。

少ない資金から始める場合は低位株から始めるのがいいでしょう。

 

 

日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法

日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法

これは現在読んでいる本ですが、なかなかいい内容です。

株関連の本は当たりはずれがあり、中にはとんでもない本もあります。

本に書いてある通りに実践すると大やけどする場合も多々あります。

本の中身を丸呑みするのではなく、いいものだけを抽出するように心がけましょう。

 

株関連の本は新しい本を読むようにしてください。

相場の世界は日々変化していきます。

例えば一年前は有効的だった手法がずっと使えるわけではありません。

なるだけ新しい情報を吸収するようにしましょう。

 

広告を非表示にする